CASE2:
外資系大手電話通信事業者 T様の事例

展示会からのフォロー施策で
新業界での複数案件創出に成功。

「“イベント後のフォローアップ” という枠を超え “案件につながる
リードをより多く取るためにどうするか” を考えて提案いただき、
施策の幅が広がり効果が出ました。」

展示会からのフォロー施策で
新業界での複数案件創出に成功。

「“イベント後のフォローアップ” という枠を超え “案件につながるリードをより多く取るためにどうするか” を考えて提案いただき、施策の幅が広がり効果が出ました。」

  • トップ
  • CASE2:外資系大手電話通信事業者 T様の事例

背景

特定業界では大きいシェアを誇っており、新規開拓営業を行いたいと思うものの、天井が見えている状態でした。
別のテレマ会社にアウトバンドコールを委託していましたが、アポイント率はわずか1%程度だったこともあり、なかなか思うように新規開拓営業を行うことができていませんでした。

リーグルを選んだ理由

最初は他のテレマ会社と同じようにコールドコールをお願いしましたが、報告のたびに新しい提案を持ってきてくれましたので、一緒に展示会にいき、(名刺の獲得から)割り振り、データ化を経て顧客見込を絞り込み、一週間以内にフォローするというプロジェクトを依頼しました。

成果

展示会からのフォロー施策で新しい業界での複数案件創出に成功。

リーグルのサービス

有効なリード獲得 案件化 成約・継続
課題意識 ターゲティング&コール アポイント獲得 初回訪問 成約訪問
セールスのマンパワーを強化したい 展示会サポート フォローコール

課題意識
セールスのマンパワーを強化したい

リーグルのタスク

  • 展示会ブースでの営業活動と有効な名刺獲得
  • 獲得リストに対するコールとPDCA、アポイント獲得

ポイント

むやみやたらに名刺情報を集めるのではなく、リーグルの社員がブースの先頭に立ち、コントロールすることでターゲットを絞り、その特定のターゲットに注力することでフォローコールの精度を向上。

何かに対してアクションを起こしている人に対してフォローする為、アポイントを取得する、ということ自体は簡単。故にクライアントが期待する確度の認識合わせこそ重要。

実績・事例

パナソニック電工インフォメーションシステムズ株式会社様

SaaS型eラーニングの新規顧客獲得。50万ユーザー達成の足がかりをつかむ