市場調査と新規開拓が同時にできる「コールドコールマン」

トップ > サービス > コールドコールマン

市場調査と新規開拓が同時にできる「コールドコールマン」とは?

コールドコールマンとは、担当者情報がなく、ツテや面識がないがどうしても顧客にしたい企業に対し、貴社の代わりに、常に仮説検証を行いながらコールを実施しアポイントを取る調査型コール(PDCA)サービスです。自社事例の横展開や競合製品導入企業のリプレイスなど、中長期的にセールス・マーケティング施策を考えている、また、中長期的にリードナーチャリングを行いたい企業様にオススメです。

リーグルの「コールドコールマン」の3つのポイント

  • 1

    IT・ソリューション系
    商材に強い

    テクノロジー系企業の豊富な実績とノウハウがあるため、すばやくキャッチアップ・プロジェクトを立ち上げ結果を出します。
  • 2

    コンサル出身

    PDCAの実施、各種KPIの向上をご提案。高いヒアリングスキルも強みの一つです。
  • 3

    粘り強い取り組み

    キーマンに接続できるまで何度もアプローチしたり定期的なコンタクトを取るなど粘り強く営業活動を行います。

新規開拓におけるマーケティング部・営業部のお悩み・・・

●ツテや面識がないがどうしても攻めたいターゲットがいる
●新規開拓においてコールスキルを持った社員がいない
●ド新規のテレアポだと営業部がなかなか協力してくれない
●効果の割にはコストが割高で悩んでいる
●どの業種にニーズがあるか分析できていない

「コールドコールマン」なら新規開拓のお悩みもラクラク解決です!

新規開拓における課題コールドコールマン
●コールスキルを持った社員がいない
●派遣等専属をつける余裕はない
●営業部の兼任体制は結果がでない
●リストがない、結果がうまく出ない
●アポが取れない。結果が出ない
●アポは取れたが、質が低いから続かない
●ダメアポだから営業部が協力してくれない
●効果の割には費用が高い
●社数か成果に対する費用のため、スモールスタート可能。また人員の増減も柔軟にできる。手間になるリストの準備や教育などのコストも削減可能

●経験豊富なコンサルタントが、訪問営業目線でコールをし、ヒアリングを行った活動をレポートして報告するため、提案につながりやすい。また週次の営業ミーティングでどんどん改善します。

ご利用までの流れ

  • 仮説構築、
    ターゲット検討

    御社の営業状況や商材などをヒアリングし仮説の構築、ターゲット業種、部署などを明確化し、トークスクリプトを作成致します。
  • ターゲットリストの抽出

    弊社の独自DBから、ターゲットとなるキーマンを抽出し、貴社のハウスリストとの重複をチェックします。
  • コール活動の実施

    まず電話を利用しキーマンの見極めアポイントを取得致します。訪問に必要なヒアリングを実施し、情報の質を高めます。
  • 成果物納品

    活動結果を活動報告書にまとめ納品します。コール済ターゲットリスト、コール活動でのキーマンリサーチ結果、ヒアリングした内容等を納品いたします。
納品までの期間 1~2ヶ月

「コールドコールマン」の活用事例

テレマーケティングの代表ともいえる「コールドコール」。全くツテも面識もないところからアポイントメントを取得するためには、しっかりとした事前調査と仮説がキモになります。今回はターゲットがニッチな業界の中で細かくセグメントし、それぞれのセグメントによってアプローチ手法を変え、目標の2倍のアポイントメントの取得に成功した事例をご紹介いたします。
> 「コールドコールマン」を利用した成功事例を見る

市場調査と新規開拓が同時にできる「コールドコールマン」

トップ > サービス > コールドコールマン

市場調査と新規開拓が同時にできる「コールドコールマン」とは?

コールドコールマンとは、担当者情報がなく、ツテや面識がないがどうしても顧客にしたい企業に対し、貴社の代わりに、常に仮説検証を行いながらコールを実施しアポイントを取る調査型コール(PDCA)サービスです。自社事例の横展開や競合製品導入企業のリプレイスなど、中長期的にセールス・マーケティング施策を考えている、また、中長期的にリードナーチャリングを行いたい企業様にオススメです。

リーグルの「コールドコールマン」の3つのポイント

  • 1

    IT・ソリューション系
    商材に強い

    テクノロジー系企業の豊富な実績とノウハウがあるため、すばやくキャッチアップ・プロジェクトを立ち上げ結果を出します。
  • 2

    コンサル出身

    PDCAの実施、各種KPIの向上をご提案。高いヒアリングスキルも強みの一つです。
  • 3

    粘り強い取り組み

    キーマンに接続できるまで何度もアプローチしたり定期的なコンタクトを取るなど粘り強く営業活動を行います。

新規開拓におけるマーケティング部・営業部のお悩み・・・

●ツテや面識がないがどうしても攻めたいターゲットがいる
●新規開拓においてコールスキルを持った社員がいない
●ド新規のテレアポだと営業部がなかなか協力してくれない
●効果の割にはコストが割高で悩んでいる
●どの業種にニーズがあるか分析できていない

「コールドコールマン」なら新規開拓のお悩みもラクラク解決です!

新規開拓における課題コールドコールマン
●コールスキルを持った社員がいない
●派遣等専属をつける余裕はない
●営業部の兼任体制は結果がでない
●リストがない、結果がうまく出ない
●アポが取れない。結果が出ない
●アポは取れたが、質が低いから続かない
●ダメアポだから営業部が協力してくれない
●効果の割には費用が高い
●社数か成果に対する費用のため、スモールスタート可能。また人員の増減も柔軟にできる。手間になるリストの準備や教育などのコストも削減可能

●経験豊富なコンサルタントが、訪問営業目線でコールをし、ヒアリングを行った活動をレポートして報告するため、提案につながりやすい。また週次の営業ミーティングでどんどん改善します。

ご利用までの流れ

  • 仮説構築、
    ターゲット検討

    御社の営業状況や商材などをヒアリングし仮説の構築、ターゲット業種、部署などを明確化し、トークスクリプトを作成致します。
  • ターゲットリストの抽出

    弊社の独自DBから、ターゲットとなるキーマンを抽出し、貴社のハウスリストとの重複をチェックします。
  • コール活動の実施

    まず電話を利用しキーマンの見極めアポイントを取得致します。訪問に必要なヒアリングを実施し、情報の質を高めます。
  • 成果物納品

    活動結果を活動報告書にまとめ納品します。コール済ターゲットリスト、コール活動でのキーマンリサーチ結果、ヒアリングした内容等を納品いたします。
納品までの期間 1~2ヶ月

「コールドコールマン」の活用事例

テレマーケティングの代表ともいえる「コールドコール」。全くツテも面識もないところからアポイントメントを取得するためには、しっかりとした事前調査と仮説がキモになります。今回はターゲットがニッチな業界の中で細かくセグメントし、それぞれのセグメントによってアプローチ手法を変え、目標の2倍のアポイントメントの取得に成功した事例をご紹介いたします。
> 「コールドコールマン」を利用した成功事例を見る